カード現金化と利息制限法-キャシュブルー-

利息制限法とクレジットカード現金化の関連性を説明します。 - 利息制限法とは?

利息制限法とは?

a0002_001014金利の上限というのは、その法律によって異なってしまっていたため、いくつかの法律の中から一番金利が高くなっている法律の上限金利でお金を貸す業者が非常に多かった時代がありました。
いわゆるグレーゾーン金利といわれているのですが、上限金利が29.2%という相当の高金利になっていたのです。

この29.2%の金利になっていたのは、出資法といわれる法律で定められていたのですが、この他にも上限金利を定めている金利がありました。
利息制限法といわれる法律となっているのですが、出資法は出資をするときの決まりを定めている法律となっているのですが、
利息制限法というのは、利息の制限をするための法律となっています。

利息制限法の場合、100万円以下の場合は20%、それより借りたお金が少ないのであれば、15%などといったさらに低い金利でお金を貸すという決まりを定めていました。
この利息制限法は貸金業者だけに限定された法律ではなく、銀行なども適用されていました。

出資法は、貸金業者を対象にした法律だったのですが、利息制限法は金融機関も含められた法律になっていたわけです。

この利息制限法は明治10年に制定された法律となっており、とても古い歴史があります。

この時代というのは、現在の法律の内容と違っている点もいくつかあるのですが、定義自体は昔から変わっていません。

かつては、金利が50%くらいになっていたこともあったのですが、そこまでの高金利を見ると、利息制限法で定められた上限金利は非常に低いといえるのではないでしょうか?

その法律によって、上限金利が違っていたというのは、当時の政府がずさんな政策や法律を制定してしまっていたということの証拠でしょう。
上限金利について一本化されていなかったことによって、グレーゾーン金利が生み出されてしまったのです。
現在は、利息制限法で定められている上限金利だけしか認められていないので、グレーゾーン金利も存在していません。

自宅でできる仕事求人ランキング~高収入だから女性や主婦にも大人気~

現金化をするときに何が必要?

a0006_002645

クレジットカードで現金化をしていく場合、必要になるものがいくつかありますから、ここで紹介をしていきたいと思います。
現在、スーペリアと言えばクレジットカード現金化はインターネットで取引を完結するようにしています。
ですから、商品を購入して、買い取ってもらったりキャッシュバックをしてもらうための銀行口座が必要になります。
中には現金書留で送ってくれる業者もあるのですが、大体の場合は銀行振り込みで入金をすることになります。

消費者金融でお金を借りる場合は、身分証明書を見せたり、収入証明書を提出したりしなくてはならないのですが、
消費者金融からお金を借りるのと比べると、必要になるものは限られているのです。

この他にも、使える状態のクレジットカードも当然必要です。
クレジットカードのショッピング枠の余りがない状態なのであれば、商品を買うこともできませんから、当然クレジットカードの現金化をしてもらうこともできません。

現金化をしてもらおうと思ったのに、ショッピング枠に余裕がなかったという人も結構少なくありません。
ちゃんと自分が持っている自宅でできる仕事 高収入は、買い物をすることができるのかを確かめてから手続きをしてください。優良クレジットカード現金化 CCキャッシュで詳細に手続き方法が記載されているのでそちらを利用すると良いでしょう。

最近はインターネットであとどれくらい使える枠があるのかを調べることができるようになっています。
ネットで調べるほかにも、フリーダイヤルで電話をすることで、残りはいくらになっているのかを把握することができるようになっています。

インターネット上での手続きではなく、事務所や店舗に行って手続きをしなくてはならない場合、保険証や運転免許証などのような公的な身分証明をすることができる書類を見せる必要がある場合もあります。
ただ、個人除法が多分に含まれているため、最近は身分証明書の提示を求めてくる業者は減りつつあります。

家でできる仕事!女性・主婦の内職求人~RACONDA~

http://raconda.com/

新着情報

◆2015/11/24
利息制限法とは?の情報を更新しました。
◆2013/12/24
店舗にいって現金化を新規投稿しました。
◆2013/12/24
現金を受け取る流れを新規投稿しました。
◆2013/12/24
現金化をするときに用意するものを新規投稿しました。
◆2013/12/24
現金化業者の手段を新規投稿しました。