速読法の効果について

速読法の効果として「集中力や持続力がアップ!」「記憶力がアップ!」「発想力、直観力がアップ!」「速読法で頭が良くなる!」など、魅力的な謳い文句はよく見られます。

これらの言葉に疑問を感じている人も少なくはないかも知れません。

しかし、実際のところこれらの効果は既に認められており、多くの人がその効果を体で体感しています。

何故このような効果が現れるのでしょうか?

速読法の主な目的は「集中力をつけること」にあると言えます。

集中力がつけば当然持続力もつきます。

持続力がつくと、多くの情報を吸収することが可能となります。

これにより記憶力が上昇するというわけです。

ただし、変身を遂げたかのような記憶力が得られるわけではなく、元々自分が持っている能力を引き出してあげるところに速読法の真髄があります。

つまり、決して神がかった力の恩恵に与るというわけではなく、速読法という方法を通して訓練をすることにより、それらの能力を伸ばすことができるというわけですね。

ですから、もちろん訓練法あるいは指導法が悪ければ、何ら成果は得られないことになります。正しい方法で効率よく訓練をしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です